機能解除

R君には悪いけど、セキュリティ機能をM穂に解除してもらった。

これで、直ぐにメール画面に入れる。

充電の減りかたも、セキュリティ機能を元に戻したけど、

今までと変わらないような気がする。

かえって、セキュリティ機能が働いている方が、

充電率が早く低下していくような気がする。

今度R君に会った時には、

なるべく携帯は取り出さないようにしよう。

確か今度の木曜日は、R君と、R君のお父さん、センターのMさんとで、

来年4月から入所できる施設を探しに行くはず。

今いる医療療育センターは、入所制限が、障害児まで。

今度の3月に高等部を卒業するR君は、

障害児ではなくなり、障害者。

施設の決まりで、障害者は入所できない。

この施設内にも、障害者センターがあるのに?

と尋ねたら、自分は重症心身障害者でないから、入れない、と。

そして、今までにも何ヵ所か見学に行っているけど、

皆待機者が多過ぎて、到底来年4月からの入所は無理とのこと。

今度の木曜日は、もっと遠い街まで出かけて行って、探すとか。

本当に切実な問題で大変なんだと思った。

3ヶ月前の初めてR君との会話が、センターの外へ行っていたと言うので、

就職活動だったの?と尋ねたら、

働く前に、住む所を探さなければいけないとのことだった。

まだ、何も理解していない私は、当然この時期は、就活中だと思い込んでいた。

でも、K市で係わった高等部3年生とは、

R君は環境も障害ももっと深刻で、家庭には帰れない事情があったのだ。

何も知らずに、簡単に質問したことを、後から反省。

3ヶ月の間に、彼はいろいろな事を話してくれて、

彼の置かれている立場、環境が分かってきた。

一日も早く、4月からの入所場所が見つかるといいな。

彼がセンターのMさんと話す中で、

私との会話だと、暗い気持ちにならないと言ってくれていたのが、嬉しかった。

自分に出来ることって、ただ笑顔で相手の話を真剣に聞くことだけ。

それでも、R君をはじめ、たくさんの子供達が、

私の訪問を待っていてくれるのは、嬉しい

来週から暫くは、木曜日しか行けそうにないけど、

ちょっとでも時間に余裕が出来たときは、真っ先に青い鳥を訪問しよう。

私の生き甲斐が一つ増えたことは嬉しいけど、益々時間不足

あー、あー

まだ社会福祉士のサピエアップも終わらない

頑張らなくちゃ、明日、明後日のライブが楽しめないよ。

夕べも、S君の飲み会で、孫二人、娘、私と4人が同じ部屋で寝た。

社内親睦会で出かけるパパを

Yちゃんは「パパは会社のごはんにいってるよ。」だって

確かにご飯も食べるだろうけど、親睦が少々多すぎやしないかな?

でも、私は全てノーコメント。

送り迎えを気軽に頼み・引き受けるM穂夫婦とは、

大きく違っていた。

出来る限り負担を掛けまいとするNさんだった。

お迎えは深夜となり、孫たちは寝ているので

必然的に、その間を預かることになり

寝ている子供たちを移動させられないので、

必然的に3人は下で寝ることになる。

嫌では無く、むしろたまのお泊り会を

心待ちにしているのかもしれないな

孫達の、てんでんハラバラに転げ回りながら寝ている姿が

なんとも微笑ましかった

広告を非表示にする